【共通】本人確認に使える書類について

クラウドワークスにおいて提出可能な本人確認書類は下記となります。

■個人の場合
・パスポート(2020年2月3日以前のものに限ります)
・運転免許証
・運転経歴証明書
・健康保険証+住民票
 ※健康保険証は、「記号」「番号」「保険者番号」を紙などで隠しマスキングしてください。
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書

■法人の場合
・履歴事項全部証明書+印鑑証明書

各本人確認書類の必要なページと注意事項は以下をご確認ください。

■パスポート
・必要なページ:顔写真入りページ、住所記入欄ページ
・注意事項  :有効期限内で日本発行のものに限ります
        現住所以外の住所は取消線などで無効な状態にしてください
        2020年2月3日以前のものに限ります

■運転免許証、運転経歴証明書
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :有効期限内のものに限ります

■健康保険証+住民票
・必要なページ:健康保険証の表裏両面、住民票
・注意事項  :
 ・健康保険証:裏面に住所欄がある場合には記載が必須です
        「記号」「番号」「保険者番号」をマスキング(紙などで隠すこと)してください
        現住所以外の住所は取消線などで無効な状態にしてください
 ・住民票  :交付から6ヶ月以内で、マイナンバーが記載されていないものに限ります

■マイナンバーカード
・必要なページ:マイナンバーカードの表面
・注意事項  :マイナンバーが記載されている裏面は提出不可です
        有効期限内のものに限ります

■住民基本台帳カード
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :顔写真付きのものに限ります

■特別永住者証明書
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :有効期限内のものに限ります
        提出日が在留期限と次回申請の間であることを確認してください

■履歴事項全部証明書+印鑑証明書
・必要なページ:履歴事項全部証明書と印鑑証明書の全ページ
・注意事項  :履歴事項全部証明書および印鑑証明書は、それぞれ1つのPDF形式のファイルのみ添付可能です(複数ファイルは添付不可)
 ・履歴事項全部証明書:交付から3ヶ月以内のものに限ります
 ・印鑑証明書      :スキャンした際に写り込む透かしが入ったものが有効です
               :カメラなどで撮影したものは透かしが入らないため無効です

正しく提出されていない、または登録情報と一致しない場合は、否認となります。

以下の書類は本人確認の対象外書類となりますので、上記の対象書類から本人確認をお願いします。

※対象外の本人確認書類はあくまで一例となります。

■対象外の書類
× 在留カード
× 2020年2月4日以降発行のパスポート(住所の確認ができないため)
× 仮免許証
× マイナンバー記載の書類
× マイナンバー通知カード
× 海外発行の本人確認書類
× 「記号」「番号」「保険者番号」にマスキングがされていない健康保険証(詳しくは「【共通】本人確認における健康保険証の提出について」をご確認ください)
×学生用の被保険者証(マル学保険証)


▼関連するお問い合わせ
【共通】本人確認書類の提出方法
【共通】本人確認書類の取り扱いについて
【共通】本人確認で登録した個人情報は他のユーザーに公開されますか?
【共通】本人確認における健康保険証の提出について
【共通】個人事業主の場合の本人確認書類について
【共通】海外在住者の本人確認書類について

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【共通】本人確認に使える書類について

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
クラウドワークスにおいて提出可能な本人確認書類は下記となります。

■個人の場合
・パスポート(2020年2月3日以前のものに限ります)
・運転免許証
・運転経歴証明書
・健康保険証+住民票
 ※健康保険証は、「記号」「番号」「保険者番号」を紙などで隠しマスキングしてください。
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書

■法人の場合
・履歴事項全部証明書+印鑑証明書

各本人確認書類の必要なページと注意事項は以下をご確認ください。

■パスポート
・必要なページ:顔写真入りページ、住所記入欄ページ
・注意事項  :有効期限内で日本発行のものに限ります
        現住所以外の住所は取消線などで無効な状態にしてください
        2020年2月3日以前のものに限ります

■運転免許証、運転経歴証明書
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :有効期限内のものに限ります

■健康保険証+住民票
・必要なページ:健康保険証の表裏両面、住民票
・注意事項  :
 ・健康保険証:裏面に住所欄がある場合には記載が必須です
        「記号」「番号」「保険者番号」をマスキング(紙などで隠すこと)してください
        現住所以外の住所は取消線などで無効な状態にしてください
 ・住民票  :交付から6ヶ月以内で、マイナンバーが記載されていないものに限ります

■マイナンバーカード
・必要なページ:マイナンバーカードの表面
・注意事項  :マイナンバーが記載されている裏面は提出不可です
        有効期限内のものに限ります

■住民基本台帳カード
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :顔写真付きのものに限ります

■特別永住者証明書
・必要なページ:表裏両面
・注意事項  :有効期限内のものに限ります
        提出日が在留期限と次回申請の間であることを確認してください

■履歴事項全部証明書+印鑑証明書
・必要なページ:履歴事項全部証明書と印鑑証明書の全ページ
・注意事項  :履歴事項全部証明書および印鑑証明書は、それぞれ1つのPDF形式のファイルのみ添付可能です(複数ファイルは添付不可)
 ・履歴事項全部証明書:交付から3ヶ月以内のものに限ります
 ・印鑑証明書      :スキャンした際に写り込む透かしが入ったものが有効です
               :カメラなどで撮影したものは透かしが入らないため無効です

正しく提出されていない、または登録情報と一致しない場合は、否認となります。

以下の書類は本人確認の対象外書類となりますので、上記の対象書類から本人確認をお願いします。

※対象外の本人確認書類はあくまで一例となります。

■対象外の書類
× 在留カード
× 2020年2月4日以降発行のパスポート(住所の確認ができないため)
× 仮免許証
× マイナンバー記載の書類
× マイナンバー通知カード
× 海外発行の本人確認書類
× 「記号」「番号」「保険者番号」にマスキングがされていない健康保険証(詳しくは「【共通】本人確認における健康保険証の提出について」をご確認ください)
×学生用の被保険者証(マル学保険証)


▼関連するお問い合わせ
【共通】本人確認書類の提出方法
【共通】本人確認書類の取り扱いについて
【共通】本人確認で登録した個人情報は他のユーザーに公開されますか?
【共通】本人確認における健康保険証の提出について
【共通】個人事業主の場合の本人確認書類について
【共通】海外在住者の本人確認書類について
タイトル【共通】本人確認に使える書類について
URL 名10018