【共通】仮払いとは

当サービスでは、すべての依頼形式(プロジェクト形式・コンペ形式・タスク形式)において、ワーカーの「業務開始前」に、クライアントはクラウドワークスに契約金額(ワーカーへの報酬)を預けるために「仮払い」の手続きをおこないます。

ワーカーに代わりクラウドワークスが「仮払い」にて契約金額を一旦お預かりすることにより、クライアントの検収が完了した時点で、クラウドワークスからワーカーへ報酬をお渡しすることができる制度となります。
※利用規約に定めているとおり、ワーカーに対する報酬の引渡しにあたり報酬からシステム利用料を頂戴しています。

「仮払い」の仕組みを採用することで、クライアントは自身で「検収」をするまでワーカーへの支払いはおこなわれず、ワーカーは依頼された業務(成果物の納品)が完了した後、報酬を受け取ることができます。

■お支払い方法
クレジットカード決済銀行振込請求書払い(Paid)の3種類からお選びください。
※銀行振込の際は、振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)をご負担いただいております。
※請求書払い(Paid)の利用には、所定の審査が必要となります。請求書払い(Paid)の利用申請フォームより申請してください。

■依頼形式ごとの「仮払い」の手順について
仮払い手続きを進める段階は、依頼形式により異なるため、以下をご確認ください。

・プロジェクト形式(固定報酬制)
固定報酬制の場合、ワーカーとの契約が成立した段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
ワーカーが納品を完了して、クライアントが検収が完了した時点で、報酬が確定します。

・プロジェクト形式(時間単価制)
時間単価制の場合、ワーカーとの契約が成立した段階で、ワーカーの稼働する週に対して「1週間の稼働時間分の契約金額」を仮払いします。
タイムシートの記録に基づき、稼働した週の翌週金曜日に仮払い額から支払うべき報酬が確定します。

・コンペ形式
コンペ形式の場合、お仕事の募集を開始する段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
クライアントが採用した提案について、ワーカーが納品を完了してクライアントのデータ確認(納品後1週間経過)が完了した時点で、報酬が確定します。
※選定期間内に提案の採用をおこなっていない場合には、キャンセル手数料またはコンペ保証料の支払いが発生します。

コンペのキャンセルにかかる料金について詳しくは「【クライアント】コンペのキャンセルについて(募集中)」をご確認ください。

・タスク形式
タスク形式の場合、お仕事の募集を開始する段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
ワーカーの作業が承認された時点で、報酬が確定します。
※非承認の場合は、ワーカーへの報酬は支払われません。


▼関連するお問い合わせ
【クライアント】クレジットカードの登録方法
【クライアント】「決済予約(与信)」とは
【クライアント】振込先の口座について(銀行振込での決済方法)
【クライアント】請求書払い(Paid)とは
【クライアント】請求書払い(Paid)でのワーカーへの支払いのタイミング
【クライアント】仮払いに有効期限はありますか
【クライアント】仮払いの自動キャンセルとはなんですか?
【クライアント】再仮払いの方法(仮払いキャンセル後のお手続き)
【クライアント】返金について
【ワーカー】仮払いからステータスが変わりません
【ワーカー】報酬確定のタイミング
【共通】帳票が発行可能となるタイミング

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【共通】仮払いとは

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
当サービスでは、すべての依頼形式(プロジェクト形式・コンペ形式・タスク形式)において、ワーカーの「業務開始前」に、クライアントはクラウドワークスに契約金額(ワーカーへの報酬)を預けるために「仮払い」の手続きをおこないます。

ワーカーに代わりクラウドワークスが「仮払い」にて契約金額を一旦お預かりすることにより、クライアントの検収が完了した時点で、クラウドワークスからワーカーへ報酬をお渡しすることができる制度となります。
※利用規約に定めているとおり、ワーカーに対する報酬の引渡しにあたり報酬からシステム利用料を頂戴しています。

「仮払い」の仕組みを採用することで、クライアントは自身で「検収」をするまでワーカーへの支払いはおこなわれず、ワーカーは依頼された業務(成果物の納品)が完了した後、報酬を受け取ることができます。

■お支払い方法
クレジットカード決済銀行振込請求書払い(Paid)の3種類からお選びください。
※銀行振込の際は、振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)をご負担いただいております。
※請求書払い(Paid)の利用には、所定の審査が必要となります。請求書払い(Paid)の利用申請フォームより申請してください。

■依頼形式ごとの「仮払い」の手順について
仮払い手続きを進める段階は、依頼形式により異なるため、以下をご確認ください。

・プロジェクト形式(固定報酬制)
固定報酬制の場合、ワーカーとの契約が成立した段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
ワーカーが納品を完了して、クライアントが検収が完了した時点で、報酬が確定します。

・プロジェクト形式(時間単価制)
時間単価制の場合、ワーカーとの契約が成立した段階で、ワーカーの稼働する週に対して「1週間の稼働時間分の契約金額」を仮払いします。
タイムシートの記録に基づき、稼働した週の翌週金曜日に仮払い額から支払うべき報酬が確定します。

・コンペ形式
コンペ形式の場合、お仕事の募集を開始する段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
クライアントが採用した提案について、ワーカーが納品を完了してクライアントのデータ確認(納品後1週間経過)が完了した時点で、報酬が確定します。
※選定期間内に提案の採用をおこなっていない場合には、キャンセル手数料またはコンペ保証料の支払いが発生します。

コンペのキャンセルにかかる料金について詳しくは「【クライアント】コンペのキャンセルについて(募集中)」をご確認ください。

・タスク形式
タスク形式の場合、お仕事の募集を開始する段階で、契約金額(報酬金額)を仮払いします。
ワーカーの作業が承認された時点で、報酬が確定します。
※非承認の場合は、ワーカーへの報酬は支払われません。


▼関連するお問い合わせ
【クライアント】クレジットカードの登録方法
【クライアント】「決済予約(与信)」とは
【クライアント】振込先の口座について(銀行振込での決済方法)
【クライアント】請求書払い(Paid)とは
【クライアント】請求書払い(Paid)でのワーカーへの支払いのタイミング
【クライアント】仮払いに有効期限はありますか
【クライアント】仮払いの自動キャンセルとはなんですか?
【クライアント】再仮払いの方法(仮払いキャンセル後のお手続き)
【クライアント】返金について
【ワーカー】仮払いからステータスが変わりません
【ワーカー】報酬確定のタイミング
【共通】帳票が発行可能となるタイミング